名古屋市東区の高岳にある司法書士事務所です。相続、企業法務、外国人案件等承ります

成年後見業務

人は誰しも歳をとります。

歳を取る分身体能力や判断能力は落ちて行きます。
高齢化した現代社会において、大事にしたいのは健康、家族、友人、知人、そして自己の財産です。
年齢ばかりでなく、病気等により判断能力が衰えた時、自己の財産管理ができなくなる恐れがあり、そういう方をお手伝いする制度が成年後見制度です。
昔は、家族が本人の代りに財産管理をしていましたが、外からは分かりづらい家族事情等により残念ながら使い込み等があっても発覚しにくい仕組みでした。

成年後見制度は、家庭裁判所に申し立てをし、後見人が選任されます。
後見人はご本人様の財産目録を作成し、家庭裁判所に報告します。
家庭裁判所はご本人様が生存の間必要な費用等を算出し、財産管理と身上監護(医療、施設入所、介護の契約等)を後見人がご本人様の生存の間行います。
また、成年後見制度は精神上の障害により判断能力が十分でない方の保護を図りつつ自己決定権の尊重、残存能力の活用、を趣旨としていまので仮に成年後見人が選任されてもスーパー等で買い物をするような日常生活に必要範囲の行為は本人が自由にすることができます。

成年後見制度は法定後見と任意後見に分かれます。
任意後見制度は本人が契約の締結に必要な判断能力を有している間に、将来自己の判断能力が不十分になったときの、後見事務の内容と後見する人(ご自分で信頼できる人)を、自ら事前の契約(公正証書)によって決めておく制度です。

遺言や相続は死後残された家族の為の問題ですが、成年後見制度はご本人様の生存の間、ご本人様を守るための制度です。
司法書士は申立書作成、申立代行業務や法定後見、任意後見業務も行っております。
お一人で悩まず、まずは無料相談にいらしてください。

先ずはお気軽にお問い合わせ下さい TEL 052-938-4562 平日 9:00~18:00

PAGETOP
Copyright © MY司法書士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.